アイスクリームの日
毎年5月9日の「アイスクリームの日」を中心に、
多彩なPRイベントを実施してきました。

アイスクリームの日(PR活動の歴史)

「アイスクリームの祭典」開催  
1963〜1967(昭和38年〜42年)[5年間]

昭和39年(1964年)、東京アイスクリーム協会(当時)は、5月9日を「アイスクリームデー」と決め、都内の施設や病院などにアイスクリームを寄贈するほか、ヒルトンホテルでアイスクリームの祭典を開催しました。以後、5月9日を「アイスクリームの日」として、毎年この日を中心に各地でイベントを行い、アイスクリームのPRを行っています。

写真

福祉施設の子どもたちへアイスクリームを寄贈

写真

アイスクリームデーの司会は人気漫才コンビ コロンビア トップ・ライト

写真

詩人のサトー・ハチロー氏も出演

写真

アイスクリームデーの展示風景

写真

アイスクリームデーの会場の様子

写真

アイスクリームを楽しむ女性

「サンプリング」実施  
1970~1997(昭和45年~平成9年)[28年間]

昭和45年から5月の第二日曜日に、各地区協会でアイスクリームの無料配布を実施。東京は銀座松屋デパート前の歩行者天国で1万個をプレゼントしました。

写真
写真

銀座松屋前の歩行者天国でアイスクリームをプレゼント

「ミス・アイスクリームコンテスト」開催  
1981~1990(昭和56年~平成2年)[10年間]

第1回のミスアイスクリームの栄冠に輝いたのは高校3年生でした。賞金100万円と、副賞には1年分のアイスクリームが贈られました。

写真

昭和57年(1982年)第1回ミスアイスクリーム

写真

第1回ミスアイスクリームコンテスト予選会

「アイスクリームフェスタ」開催  
1997~1999(平成9年~11年)[3年間]

「アイスクリームフェスタ」を全国で開催し、情報発信を行ないました。また初代「アイス大使」には、雛形あきこさんが就任。翌年は鈴木蘭々さん、3年目はさとう珠緒さんが就きました。

写真

初代「アイスクリーム大使」の雛形あきこさん

写真

3代目アイスクリーム大使」のさとう珠緒さん

「ハッピーフォトコンテスト」開催  
2003~2005(平成15年~17年)[3年間]

第1回のフォトコンテストの応募数は約4,000点。大賞となった作品のタイトルは「チュめたーい」。アイスクリームを食べて顔をほころばせている子どもの姿がほほえましい作品でした。

写真

第1回ハッピーフォトコンテストの大賞作品「チュめたーい」

写真

第2回ハッピーフォトコンテスト入賞作品

「PR列車 ハッピーアイスクリーム号」実施  
2006~2007(平成18年度~19年度)[2年間]

東急電鉄の協力で8両編成の列車を貸し切り、東急東横線「渋谷」駅~みなとみらい線「元町・中華街」駅間でイベントを開催しました。抽選で選ばれた150 組300人が参加しました。

2006年度:ベッキーさんがアイスクリームクイーンとなり、車中でアイスリームを配り、クイズ大会とアトラクションを実施しました。
2007年度:山本梓さんがアイスクリームクイーンとなり、車中でアイスクリームを配り、到着駅のみなとみならい駅のビルでクイズ大会を実施しました。また、一般の人を対象としたクイズ大会も実施しました。

写真

「ハッピーアイスクリーム号」出発!(ベッキーさん)

写真

社内では様々なアトラクションで盛り上がりました。

「アイスクリームの歌プロジェクト」実施  
2012~2013(平成24年度~25年度)[2年間]

アイスクリームのおいしさ、楽しさをPRするオフィシャルソング制作のため、アイスクリームにまつわる物語やエピソードを一般から公募。2,700通を超える応募の中から、シンガーソングライター川嶋あいさんが最優秀作を選定し、作詞作曲した「アイスクリームレース」が完成。翌年にはパパイヤ鈴木さん監修のダンスもお披露目しました。

写真

作詞・作曲の川嶋あいさんを一緒に記念撮影!

写真

協会オフィシャルソング「アイスクリームレース」

「全国サンプリングイベント」実施  
2008~2017(平成20年度~30年度)[11年間継続中]

全国7地区協会では、「5月9日アイスクリームの日」の前後にアイスクリームのサンプリングを中心としたイベントを行い、来場されたお客様にアイスクリームの「おいしさ、楽しさ」をお伝えしています。

写真

【東京】二子玉川ライズガレリア

写真

【広島】紙屋町シャレオ

PAGE TOP