アイスクリームの種類

アイスクリームは同じように見えても、乳成分の量によって、種類別アイスクリーム、種類別アイスミルク、種類別ラクトアイス、種類別氷菓の4つに分けられます。これらの定義と成分規格は、食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

種類別アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)
乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。
種類別アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)
乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。
植物油脂が使われることもあります。
種類別ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)
乳固形分はさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。
種類別氷菓(上記以外のもの)
乳固形分はほとんどありません。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

アイスクリームの定義と成分

アイスクリームの定義と成分

※細菌数:ただし、発酵乳または乳酸菌飲料を原料としたものにあっては、乳酸菌または酵母以外の菌数をいう。

アイスクリームのいろいろな形態

アイスクリームは、乳成分の違いだけでなく、カップやスティックやコーンなど、形態によりさまざまな種類があります。

  • カップ

    紙やプラスチックのカップに、かぶせフタやシールをしたもの。60~200mlが一般的です。

  • スティック

    木や樹脂のスティックがついた棒状のアイス。バータイプとも呼ばれます。

  • コーン

    いろいろな形のコーンにアイスクリームをつめたもの。

  • モナカ

    モナカにアイスクリームをつめたもの。

  • サンド

    ビスケットなどでアイスクリームをサンドしたもの。

  • ファンシータイプ

    ケーキ型、ロール型、もちアイスなどのアイスクリーム。

  • マルチパック

    カップやスティックなどをいくつか、カートンや袋に入れたもの。

  • ホームタイプ

    大型の容器にアイスクリームをつめたもの。470~2000mlのものが一般的です。

  • 業務用バルク

    2~10Lの大きさで、レストラン、居酒屋、アイスクリームショップなど業務用に使用。